数年前、初めてドラマで「のだめカンタービレ」を観て、一言「面白かった」。

主人公のだめの散らかっただらしのない部屋からピアノを弾くと一変、天才ピアニストに変わるところや千秋先輩の掛け合いなど。

そして最近、近所の図書館で漫画本を発見。

最近になって原作を読みました。

これがまた、ヤれる子!電車エッチにハマってしまいました。

クラシック音楽は全くわからないのですが、クラシックの世界に興味がでてきて、千秋やのだめが演奏したクラッシックの楽曲を聞いてみたくなり、のだめカンタービレのCDも聞いてしまいました。

天才ピアニストだけれど、天才らしくない風貌や主人公の努力、聞いてる人を魅了するピアノが弾ける人間性、とても憧れました。

主人公の二人の才能や努力、挫折、どれもコメディになってて面白いし、ラブコメとしても楽しく読めました。

いつかクラシックコンサートにも行ってみたい気持ちにさせる漫画でした。